bk lineup

SKYSEA Client View Cloud Edition
資産管理ソフト「SKYSEA Client View」に登録された機器以外を排除し、情報漏えい対策をより強固に行うことができます。
各端末の管理はSKYSEA Client Viewの画面上で行えるため、管理負荷の少ない運用が可能です。
動作イメージ
■オンプレミス
オンプレミス
■Cloud Edition
Cloud Edition
マスターサーバー
許可端末かどうかの判断材料となる、SKYSEA 端末の情報や除外端末のリストを保有します。
データサーバー
端末機で検知した不許可端末の情報を、ログとして保存します。
管理機
不許可端末検知・遮断の設定を行います。
IntraGuardian2+
SKYSEA Client View
対応版
設置されているセグメント内の端末を監視し、設定に応じ遮断も行います。
■排除履歴ログ表示
skysea log2
■機器設定
機器設定
SKYSEA Client View 各バージョンとIntraGuardian2+各バージョンの機能対応表
連携するためにはStandardエディション以上が必要です。500Clientパック、Liteエディションの場合は,別途「不許可端末接続防止サーバライセンス」が必要です。
IntraGuardian2+の機能 IntraGuardian2+
バージョン
SKYSEA Client View バージョン
9.1~9.22 9.23~11.0 11.1~11.4 12.0 12.1~14.0 14.1~17.2
IntraGuardian2+連携対応
サポート終了
2.4.0~2.5.7※4
IntraGuardian2+連携対応
(新旧プロトコル)
3.0.2~3.5.6 ※1 ※1 ※1 ※1 ※1
IntraGuardian2+連携対応
(新プロトコル)※3
3.6.3~ × × × × ×
IntraGuardian2+EX(VLAN版)対応 2.5.0~ ×
ファームウェア一括バージョンアップ 2.4.0~ × ×
IPv6対応 3.0.0~ ※2 ※2 ※2
エージェント自動ダウンロード 3.2.2~ × × × ×
※1 旧プロトコルのみの接続に対応しています。バージョン14.0以前モード(ポート52311)をご利用ください。旧プロトコルはIntraGuardian~SKYSEA Client ViewにNATがあると連携できません。
※2 IPv6ホストの排除はされますが、不許可端末ログへIPv6アドレスの表示がされません。
※3 バージョン3.6.3以降は、SKYSEA Client Viewのバージョン14.0以前とは連携できません。バージョン14.0以前のSKYSEA Client Viewをご利用の場合はファームウェア3.5.6をご利用ください。誤ってバージョンアップをしてしまった場合は、3.5.6を改めて適用して下さい。
※4 この組み合わせは動作はいたしますが、ファームウェアがサポート終了バージョンですので、3.5.6以上にバージョンアップすることを強く推奨いたします。