bk lineup

skysea logo
IntraGuardian2+ では不正接続PC の検知・遮断設定及び判断材料となるリストの管理においてSKYSEA Client View と連携可能なモデルを用意しております。

IntraGuardian2+ では不正接続検知・排除の判断材料となるリストの管理において
SKYSEA ClientView と連携可能な専用モデルを用意しております。
SKYSEA ClientView に登録されている機器以外全て接続させません。
機器の設定はSKYSEA ClientView に完全に統合されています。
そのため、初期設定時以外はIntraGuardian2+ の管理画面を意識することはありません。
接続を許可している機器、排除・検知した機器はSKYSEA ClientViewの管理画面上で管理を行います。
資産管理ソフトと連携し、より強固に情報漏えい対策を行うことができます。

skysea cv
マスターサーバー
許可端末かどうかの判断材料となる、SKYSEA 端末の情報や除外端末のリストを保有します。
データサーバー
端末機で検知した不許可端末の情報を、ログとして保存します。
管理機
不許可端末検知・遮断の設定を行います。
IntraGuardian2+
SKYSEA Client View
対応版
設置されているセグメント内の端末を監視し、設定に応じ遮断も行います。

■排除履歴ログ表示

skysea log

■機器設定

skysea configuration

■SKYSEA Client View 各バージョンとIntraGuardian2+各バージョンの機能対応表

IntraGuardian2+の機能 IntraGuardian2+
バージョン
SKYSEA ClientView バージョン
9.1~9.22 9.23~11.0 11.1~11.4 12.0 12.1~
IntraGuardian2+連携対応 2.4.0~
IntraGuardian2+EX(VLAN版)対応 2.5.0~ ×
ファームウェア一括バージョンアップ 2.4.0~ × ×
IPv6対応 3.0.0~ ※1 ※1 ※1
エージェント自動ダウンロード 3.2.2~ × × × ×
※1 IPv6ホストの排除はされますが、不許可端末ログへIPv6アドレスの表示がされません。
lanscope logo

 

IntraGuardian2+ ManaerProfessional(有償版)の外部サーバ連携機能により、LanScope Catに登録された端末情報を取り込み、自動的に許可端末として登録されます。
エージェントのインストールされていない端末は不許可端末としてネットワークに接続することができません。既存のLanScope Cat サーバ上で、端末情報出力処理を行うだけで、容易に導入が可能です。

Lanscope Cat との連携は通常のIntraGuardian2+ で行うことができるため、簡単にLanscope Cat と連携することができます。
Lanscope Cat と連携させ、簡単に接続許可機器の資産管理を行いながら、ネットワーク内の機器の監視を行います。
資産管理ソフトと連携させ、ネットワークセキュリティを高めましょう。

cat
問い合わせはこちら
平日9:00~17:00(土・日・祭日除く)